CompTIA Linux+資格の認定要件

CompTIAオフィシャルホームページによって、CompTIA Linux+の取得者は、Linux技術業務において、一定の実務能力を持つことが証明されています。そのため、他社より提供されているベンダーおよびベンダー資格において、評価対象として活用されており、資格取得の際の前提条件や条件免除などの優遇を受けられる場合があります。 CompTIA Linux+資格の認定要件: CompTIA Linux+は、Linux技術業務の「実務能力」を評価する認定資格です。ソフトウェアやハードウェアの両面から、Linux環境の運用する上でバランスのとれた実務能力を問います。 CompTIA Linxu+は、Linux OSが普及していくため、また環境整備のために必要な人材を効率的に輩出するために作成されました。 Linuxが活用されている環境を理解し、最な環境へと導くための対応能力を育成、評価します。 CompTIA Linux+ 出題範囲と内容: CompTIA Linux+ Exam(試験番号:XK0-002) LinuxOSのインストール、操作など基本知識だけでなく、トラブルシューティングやメンテナンスにウエイトを置き、より実務上のスキルを問えるよう問題を構成されています。またソフトウェアスキルだけでなく、ハードウェアについても問うことでバランスの取れたLinux技術者であることを証明できるよう構成されています。ヘルプデスク、Linux技術営業マーケティング,アプリケーション開発等、Linuxに携わる様々な職種を調査することから始まり、数千に及ぶスキル分析を行い、その後SIベンダー、ソフトウェア開発、サポート、トレーニングなどのノウハウをもつIT企業が集まった試験作成委員会で問題が作成されました。  【出題内容】制限時間90分 問題数98問 100~900のスコア方式 合格スコア675 Testpassportすべての問題集は試験センターによって、よく更新します。お客様が持っているCompTIA問題集は最新版であることを保証できます。testpassport問題集は品質が高いのみならず、サービスもいいですね。… Continue reading

testpassportは認定問題集を提供して、100%合格率を保証できます

CompTIA オフィシャルホームページ情報によって、CompTIA Linux+は、Linux技術業務の「実務能力」を評価する認定資格です。ソフトウェアやハードウェアの両面から、Linux環境の運用する上でバランスのとれた実務能力を問います。 2010年4月より配信開始されている改訂CompTIA Linux+は、Linux Professional Institute(LPI)との新しいパートナーシップにより、LPIの提供するLPIの提供するLPIC-1をCompTIA Linux+認定の証明として活用する予定です。これに伴い、「CompTIA Linux+ Powered by LPI」を取得した認定者の方は同時にLPIC1認定を取得したこととなります。 testpassportは全力を尽くしてお客様のために最新の有効な認定問題集を提供します。CompTIA Linux+認定の対応試験XK0-002で、LPIC1認定対応試験は117-101と117-102です。testpassportはこの二つの認定問題集を提供して、100%合格率を保証できます。… Continue reading

CompTIA Linux+ 出題範囲と内容

CompTIAオフィシャルホームページによって、CompTIA Linux+の取得者は、Linux技術業務において、一定の実務能力を持つことが証明されています。そのため、他社より提供されているベンダーおよびベンダー資格において、評価対象として活用されており、資格取得の際の前提条件や条件免除などの優遇を受けられる場合があります。 CompTIA Linux+資格の認定要件: CompTIA Linux+は、Linux技術業務の「実務能力」を評価する認定資格です。ソフトウェアやハードウェアの両面から、Linux環境の運用する上でバランスのとれた実務能力を問います。 CompTIA Linxu+は、Linux OSが普及していくため、また環境整備のために必要な人材を効率的に輩出するために作成されました。 Linuxが活用されている環境を理解し、最な環境へと導くための対応能力を育成、評価します。 CompTIA Linux+ 出題範囲と内容: CompTIA Linux+ Exam(試験番号:XK0-002) LinuxOSのインストール、操作など基本知識だけでなく、トラブルシューティングやメンテナンスにウエイトを置き、より実務上のスキルを問えるよう問題を構成されています。またソフトウェアスキルだけでなく、ハードウェアについても問うことでバランスの取れたLinux技術者であることを証明できるよう構成されています。ヘルプデスク、Linux技術営業・マーケティング,アプリケーション開発等、Linuxに携わる様々な職種を調査することから始まり、数千に及ぶスキル分析を行い、その後SIベンダー、ソフトウェア開発、サポート、トレーニングなどのノウハウをもつIT企業が集まった試験作成委員会で問題が作成されました。  【出題内容】制限時間90分 問題数98問 100~900のスコア方式 合格スコア675 testpassportのXK0-002(Linux+ Certification (2004 Objectives))試験問題集は二つフォーム(pdfとソフト版)を提供して、pdf形式はプリントだけでなく、いくつのパソコンで使うことができます。ソフト版は実際の試験雰囲気を模擬したものです。初心者としても問題と答え(Q @ A)を暗記して、100%試験合格率を保証されてます。Testpassport問題集はIT専門家グループによって作り上げられて、英語が世界で普通の言語ので、多くのシミュレーション問題の対策は英語版です。 XK0-002テキストブックは一年で無料更新サービスを提供して、認定合格に役に立ってます。もし、試験内容を変更したら、早速お客様に知らせます。そして、更新版があったら、お客様に送ります。 testpassporのXK0-002問題集の無料デモを見れば、こちらをクリックしてください。 1. At boot time, the computer reported that there are problems with inodes and… Continue Reading